久留米市 審美歯科

櫛原駅より徒歩13分 駐車場11台完備 歯科用CT完備 平日9:00~18:30(休憩13:00~14:30)水・土 9:00~13:00定休日 日・祝祭日0942653100 メール
審美歯科

審美歯科

審美歯科という言葉も最近ではだいぶ浸透してきています

「歯を白くしたい」などの要望にほとんどの歯科医院が取り組まれています。

治療はきちんとした基礎治療の上に、さらにより自然に美しく健康的に治す治療のことですので、歯のエステとも呼ばれ美容歯科とも呼ばれるようになっています。

審美・美容歯科治療は特別な治療ではなく、歯科治療でもワンランク上の質の高い治療の一つです。 セラミックをつかったものが主流で、さまざまな治療方法があります。

当院にて治療した下記の症例を交えてご覧ください。

症例 case study

症例:オールセラミックス1  前歯の着色が気になるケース

30代 女性

前歯の着色が気になるとのことで、治療を希望されました。

前歯2本をオールセラミックス(e-maxクラウン)で修復しました。オールセラミックスによるメタルフリー修復により、透明感のある自然な仕上がりが可能となりました。

症例:オールセラミックス2  左上前歯のやりかえケース

40代 女性

左上前歯のやりかえを希望され、ジルコニアオールセラミックスで修復しました。

ジルコニアは「宝石の原石」のようなものですが、生体親和性もあり、また充分な強度を持つので、メタルフリーな審美修復が可能となります。セラミックス修復によって、透明感があり、歯の切端まで反対側のご自身の歯のように、左右対称な再現も可能となります。

症例:ジルコニアブリッジ 1本歯が欠損したケース

40代 女性

1本歯が欠損した部位にブリッジ(橋渡しの歯)を希望されました。

もともと両サイドが被せ物の歯だったので、歯が生えているかのような歯茎を仮歯にて人工的に作り、オールセラミックスによるブリッジ(ジルコニアブリッジ)で修復しました。

欠損部はインプラントだけでなく、場合によってはこのようにブリッジによっても審美的に修復することが可能です。

症例:ラミネートべニア 他医院で装着したセラミックが割れたケース

50代 女性

「他院で装着したセラミックスが割れた」とのことで来院されました。

歯肉にも炎症が見られたので、歯周病の治療も行った後、前歯2本をラミネートベニアにて修復しました。

ラミネートベニアは適応であれば、歯を全周削ることなく表側のみセラミックスを接着させることで、審美的に仕上げることが可能です。

FeedWind

所属団体
日本審美歯科協会 会員
日本歯周病学会 会員
≫院長を詳しく見る

≫医院概要